企業法務の年収の平均

企業法務の渉外弁護士の年収について見ていきましょう。
渉外弁護士というのは、外国が関係する案件で、企業法務の案件を特に仕事として取り扱っている弁護士のことを言います。
所属しているのは、四大法律事務所などの渉外事務所の場合がほとんどです。

仕事内容の主なものは、企業法務、金融法務、仲裁手続きや訴訟手続きの紛争処理、知的財産権、私的あるいは法的な再建や清算の事業再生・倒産、M&Aによる会社の知的財産権訴訟や評価調査、会社の海外進出による英文の書類作成などです。
クライアントの主なものは会社であり、弁護士として会社内や会社間で仕事をするようになります。

年収の平均としては約1000万円以上になり、1000万円クラスの年収に一年目の場合にでもなります。
月収の平均としては80万くらいです。
ボーナス等については、会社によって違ってきます。
ベテランの場合には、年収として億単位のものも稼げるようになります。
年収の平均もベテランの場合には、3000万円をオーバーする人が多いそうです。

渉外弁護士になるためは、仕事を渉外法務・企業を扱っている法律事務所で行って、ベテランの補佐を行ったりします。
これ以外には、専属の会社の渉外弁護士になったり、コンサルティングを財務部で仕事をしながら行ったりなどがあります。
メリットとしては、1000万円以上に年収の平均が初めからなることです。
ハードな仕事ですが、名誉と地位を入手することができます。
本サイトでは、転職した人の年収、即戦力を希望している、企業法務の仕事の年収についてご紹介します。



○外部リンク
企業法務の弁護士を年額4万円から依頼できる法律事務所です・・・企業法務の弁護士